肺がん
  • がんに効果的な成分に大注目!

    がんに効果的な成分に大注目!

    アポトーシスが機能しなくなった腫瘍細胞、放置すると癌という大きな病気に…。しかしアポトーシスを助ける作用を持った成分が今期待されている!

  • 何よりも予防が大事!

    何よりも予防が大事!

    腫瘍に対する成分としてフコイダン治療が注目されていますが、なによりも腫瘍を発症させるリスクを下げるなど、予防が一番大切です。

  • さまざまな効果が魅力的

    さまざまな効果が魅力的

    フコイダンはがん細胞の消滅を助ける効果だけではないそうです。痩身や若返りなどにも期待される魅力的な成分のようです。

 
 

医薬品としての期待度が高いとされるフコダインは、一般での知名度はそれほど高くないんだとか。豊富な食物繊維を含んでいるため、医療とは関係ないダイエットなどで耳にすることもあり、多様な効果が期待される成分のようですが、がんに対する治療効果の方がよく知られているようです。

【最新の肺がん治療法!】注目の治療成分・フコイダンの効果

肺がん

癌は、生体機能ではコントロールすることのできなくなった細胞を言い、異常細胞によって腫瘍が形成される部位は様々なようです。悪性と良性があり、悪性であれば治療は難しくなり、回復も難しくなると言われています。

しかし、最近では癌治療をサポートする成分が発見され、有効性に期待されているそうです。

【肺がんに効果あり!?】フコイダンとは一体…

肺がんとは、肺の気管などに腫瘍を形成し、正常な呼吸に支障をもたらす可能性が高いがん疾患を言うそうです。もし腫瘍が悪性であった場合、肺機能の異常や日常生活に障害を可能性の高いとも言われているようです。

肺は、もともと酸素と二酸化炭素を交換する役割を持ち、呼吸という生命活動にとって重要な気管とされています。しかし、タバコといった嗜好品や放射能などの目に見えない物質などが肺がんのリスクを高めるんだとか。
このようなリスクを高めていくうちに、肺の気管支や肺胞、肺組織に腫瘍が作られていくとされています。

肺がんには、小細胞がんと非小細胞がんの2種類に大別されています。
小細胞がんは、小細胞がん(蒸麦細胞がん)と混合型小細胞癌に分類され、どちらもタバコにより発症するリスクが高まるとされています。
非小細胞がんは、大細胞がん・腺がん・扁平上皮がんなどに分類され、こちらもタバコによるものや汚染された空気など原因して発症する確率が高くなるとされています。

治療法には、抗がん剤などの投薬治療・腫瘍を切除する外科手術・がん細胞を消滅させる放射能治療が主流になっているようですが、最近では、癌に効果があるという新たな物質に期待が寄せられているとも言われています。
癌は、進行状態によってステージ分けされており、治療方法や内容はステージごとに変わってくるようです。

近年、注目される肺がん治療薬

肺がんなどのがん疾患を治す効果があると期待されている物質として、近年「フコイダン」が注目されているそうです。
フコイダンとは、昆布やモズクなどの海藻類に多く含まれている物質で、フコダインと呼ばれることもあるそうです。
海藻類の表面を覆っているヌメリ成分がフコダインそのものであり、前々から注目を浴びる効果をもたらしてきたんだとか。

フコイダンは、酸化多糖類の一つであることが研究から判明されておりますが、その分子構造が複雑すぎた為に長い間研究されることがなかったとも言われています。
酸化多糖類とは、糖が結合して構成された多糖類に硫酸基が結合したものを指すそうです。
近年では、肺がん治療などにも用いられ、フコイダンに期待されている効果を見ていくことにしましょう。

フコイダン治療

フコイダンが肺がん治療に注目されているのは、体内で行われている細胞の消滅・アポトーシスと関係しているからとされています。

アポトーシスとは、細胞組織に組み込まれているシステムの一つで、老化した細胞は自然と消滅するようになっているそうです。この機能があるおかげで古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わることができ、健康を維持することができているとも言われています。
しかし、腫瘍を形成するがん細胞はアポトーシス機能がきかない、代謝できなくない異常細胞なんだとか。
異常細胞は増殖と分裂を繰り返し、身体を蝕んでいくことになるのですが、フコイダンには異常細胞のアポトーシスをサポートしてくれると考えられています。

フコイダン治療は、フコイダンの働きにより腫瘍細胞(異常細胞)を消滅するように誘導し、抗がん剤の投与でがん細胞の増殖などを抑制するという治療法です。
また、フコイダンには低下した免疫力機能を改善や血行を改善させる効果があるとして、正常な体づくりを助けてくれると言われています。

また、フコイダンは肝機能を高めたり、中性脂肪を抑制するなど、身体機能に対する効果が高く、治療だけでなく予防にも役立つとされている成分のようです。
身体機能は、生活習慣や食生活などの影響を受け易いとされ、見えないところに症状が現れる可能性も高いようです。脂質の多い食事を好んでいる人は、中性脂肪が高まっていき、のちのちはメタボなんてことも…。疾患予防のためにも、普段から取り入れると良いようです。
難病治療などに併用して取り入れている人も多いフコイダンを探した所、見つかりましたのでご紹介したいと思います。

肺がんなどに対抗できる成分が今注目されている!

フコイダン バイタルモア

治療の難しい癌疾患には、海藻などに含まれるネバネバ成分・フコイダンは腫瘍の治療に有効と考えられているそうです。
普段から健康に気を使っている人などのもおススメです!

肺がんだけではない!フコイダンの多様な効果

フコイダンは、肺がんなどの悪性腫瘍に対する治療法の一つとしてその機能が期待されていますが、実は腫瘍細胞に対する効果だけでなく、その他にも身体症状を改善させる効果を持っているそうです。

血圧や血糖値の上昇を抑制したり、血圧が固まるのを防ぐ、コレステロールを抑制するなどの働きがあります。
血圧抑制作用では、摂取し過ぎた塩分をフコイダンが吸収・排出を助け、血圧が上昇するのを抑えるとされています。また、血圧凝固抑制効果ではコレステロールの抑制効果に伴い、血液をキレイにし、動脈硬化を予防すると言われています。

また、活性酸素を抑える抗酸化作用や食物繊維によってお通じを良くさせるなど、アンチエイジングやダイエットなどにも注目される効果があるそうです。

【STOP!肺がん】コンテンツ分類
  • 【肺がんの基礎知識】肺癌の原因・症状・診断・ステージ・治療
  • 【肺癌になってしまったら】入院・食事・ステージ・リハビリ
  • 【肺がんと間違えられ易い病気】肺炎・肺結核・気管支炎・喘息
  • 【こんなにある肺癌の合併症】肺血栓塞栓症・気胸・膿胸・不整脈
  • 【肺がんコラム】検診・生存率・プロポリス
【STOP!肺がん】コンテンツメニュー
  • 【症状】その咳や胸の痛みは肺がんの初期症状かもしれません
  • 【肺がんのステージ】肺癌の進行度を表す病期分類について
注目記事(STOP!肺がん)ランキング