肺がん
プロポリス肺がんコラム

プロポリスの驚くべき効果

プロポリスの驚くべき効能や効果

肺がん

プロポリスの詳細プロポリスが守ってくれるのはミツバチの健康だけではありません。
プロポリスは私たちに、さまざまな病気に打ち勝つパワーを授けてくれる貴重な存在です。
肺がんすら治すと言われている驚くべきプロポリスの効能や効果に迫ります。

原産地や含まれる栄養素なども紹介

原産地と栄養素ミツバチの巣穴には、ミツバチが苦労して作ったプロポリスがぎっしりと詰まっています。
この蜜蜂たちの苦労の結晶が私たちの体に、一体どんな影響を与えてくれるのでしょうか。
プロポリスの効能や効果、原産地や含まれる栄養素なども詳しく紹介します。

植物樹脂にミツバチの唾液を混ぜたもの

プロポリスとは、ミツバチがいろいろな樹木や植物から採取した樹脂成分に、ミツバチの唾液を練り合わせたもののことを言います。

ミツバチが作るもの、と聞くとハチミツやローヤルゼリーを想像するかもしれませんが、プロポリスはこれらとは全く別物であり、食料でもありません。
巣穴にほかの虫や細菌・ウイルス、雨水などが入り込むのを防ぐための物質です。

何万匹もの仲間が住むミツバチの巣は、まるでサウナのように高温多湿です。
とても菌の繁殖しやすい環境であるため、衛生状態を保つにはプロポリスが欠かせません。

外敵や細菌の侵入を防ぐメカニズム

ミツバチの巣は、規則正しく並んだいくつもの六角形の穴が入り口となっていますが、この入り口の内壁や、内部にある部屋の一つ一つにはプロポリスが塗られています。

部屋はともかく入り口は非常に狭く、ミツバチ一匹がやっと通れる程の幅しかありません。
しかしその狭さは、通過した時に体に付着したさまざまな雑菌を擦り取るのに役立ちます。

また巣に外敵が侵入して退治した後、ミツバチは死骸をプロポリスで包んでしまいます。こうすると死骸は腐敗することなくミイラ化するので、細菌やウイルスの発生・増殖を防ぐことができるのです。

最高の品質を誇るのは「ブラジル産」

プロポリスは日本のほかにも、ヨーロッパ、中国、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド、キューバ、アルゼンチンなどさまざまな国で生産されていますが、その中で最高の品質を誇っているのがブラジル産のものです。

具体的には、ブラジルの南東部に位置するミナスジェライス州に多く生息するユーカリ・アレクリンを原材料としたプロポリスです。
ユーカリ・アレクリンはローズマリーに似た姿をもつ植物ですが、ユーカリ・アレクリンのもつ抗酸作用や抗菌作用はローズマリーの比ではありません。

ブラジルの蜜蜂たちは、この植物の樹脂を利用してプロポリスを作るわけですから、自然と品質的に優れたものが出来上がるのです。
なおブラジル産のプロポリスの9割は、この植物から作られていると言われています。

最高の品質を誇るのは「ブラジル産」

プロポリスは日本のほかにも、ヨーロッパ、中国、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド、キューバ、アルゼンチンなどさまざまな国で生産されていますが、その中で最高の品質を誇っているのがブラジル産のものです。

具体的には、ブラジルの南東部に位置するミナスジェライス州に多く生息するユーカリ・アレクリンを原材料としたプロポリスです。
ユーカリ・アレクリンはローズマリーに似た姿をもつ植物ですが、ユーカリ・アレクリンのもつ抗酸作用や抗菌作用はローズマリーの比ではありません。

ブラジルの蜜蜂たちは、この植物の樹脂を利用してプロポリスを作るわけですから、自然と品質的に優れたものが出来上がるのです。
なおブラジル産のプロポリスの9割は、この植物から作られていると言われています。

多種のミネラルやビタミン等を含む

プロポリスには、多種のミネラル、ビタミン、フラボノイド、アミノ酸、脂肪、有機酸などの栄養素が豊富に含まれています。
どれも体の構成や生命活動に必要なものばかりであり、長期にわたって飲み続けると、少しずつ免疫力や抵抗力がついていきます。

体が丈夫になりますので、少しの疲労で体調を崩したりするようなことがなくなります。
特に風邪を引きにくくなった、引いてもすぐ治るようになったなど、風邪に対する抵抗力がついたことを実感する人が多いようです。

なかには、胃の全摘出手術の後にプロポリスを毎日欠かさず飲み、お酒が飲めるまでに回復したという例や、肺がんなどの末期の癌が治ったという例まであるから驚きです。

副作用はありませんが併用には注意

医薬品とは違いプロポリスには副作用がありません。
更には他の薬と一緒に飲むことで、その薬の持つ副作用を抑えることもできます。

ただし、血液の凝固を防ぐワルファリンという薬との併用には注意しなければいけません。
プロポリスには、ワルファリンの効果を弱めてしまう可能性があるからです。

プロポリスとワルファリンを一緒に飲んだために病気が悪化したり、命を落としたという例はありませんが、飲み合わせが必要な場合は医師によく相談しましょう。

アロマテラピーなど用途はいろいろ

プロポリス製品には、液状タイプ(リキッドタイプ)のもの、飲みやすいカプセル・粒タイプのものなど色々あります。

液状タイプのプロポリスは用途が広く、お風呂や加湿器に入れてアロマテラピーに使用したり、ミネラルウォーターと混ぜて喉にスプレーしたりといった使い方ができます。

またお菓子感覚で食べられるハチミツ味のプロポリスキャンディーなどもあり、プロポリスの独特な味が苦手という人におすすめです。

他にもタバコのフィルターに一滴落とすといった変わった使い方もできます。こうすると、発ガン物質であるタールが体内に入らなくなるので、肺がん予防になります。

どの製品も基本的に冷蔵庫に入れる必要はないですが、カプセルや粒状タイプのものに関しては、時間が経つと周囲のコーティングが溶けるので冷蔵保存したほうがよいでしょう。

【STOP!肺がん】コンテンツ分類
  • 【肺がんの基礎知識】肺癌の原因・症状・診断・ステージ・治療
  • 【肺癌になってしまったら】入院・食事・ステージ・リハビリ
  • 【肺がんと間違えられ易い病気】肺炎・肺結核・気管支炎・喘息
  • 【こんなにある肺癌の合併症】肺血栓塞栓症・気胸・膿胸・不整脈
  • 【肺がんコラム】検診・生存率・プロポリス
【STOP!肺がん】コンテンツメニュー
  • 【症状】その咳や胸の痛みは肺がんの初期症状かもしれません
  • 【肺がんのステージ】肺癌の進行度を表す病期分類について
注目記事(STOP!肺がん)ランキング