肺がん
気管支炎肺がんと間違えられ易い病気

気管支炎

気管支炎を詳しく解説します

肺がん

気管支炎気管支炎は、もともと耳鼻科の病気を持っている人に発症しやすい傾向があります。
特に風邪を引いた後や、インフルエンザにかかった後などは注意しなければなりません。
セキや痰など肺がんのような症状が表れる病気、気管支炎を詳しく解説します。

急性気管支炎と慢性気管支炎の特徴など

急性気管支炎と慢性気管支炎呼吸器疾患の一種である気管支炎には、急性気管支炎と慢性気管支炎の2つがあります。
どちらも気管支に炎症が起きる病気ですが、表れる症状などさまざまな違いがあります。
急性の気管支炎と慢性の気管支炎、それぞれの特徴などを紹介していきましょう。

症状が90日以内で治まれば「急性」

上気道から肺へと続く空気の通り道、気管支に炎症が起きる病気が気管支炎です。
気管支炎は大きく2つに区別されますが、そのうち症状が90日以内で治まるもののことを急性気管支炎と言います。

主な原因は細菌やウイルス感染

発症の主な原因は、細菌やインフルエンザウイルスの感染です。
他にも、ホコリや塩素ガスなどの刺激物を吸い込むことでも引き起こされますが、このようなケースはあまり多くありません。
なお塩素ガスとは、異種の洗剤を混ぜ合わせることで発生する有毒ガスのことです。

咳の症状からはじまります

急性気管支炎は、まず咳の症状からはじまります。
次に水っぽい痰が出るようになり、だんだん白っぽい膿のような痰に変わっていきます。
痰が出にくくなると、胸がゼーゼーしたり、咳をした後にヒューヒューという音が聞こえるようになります。また、これらに伴って発熱や全身の倦怠感が起こる場合も多いです。

血液検査やCRP試験で診断する

急性気管支炎かどうかを診断するための検査には、血液検査(血沈や白血球数)やCRP試験などがあります。白血球の数が正常値を大きく上回っていたり、CRP試験の結果が陽性だった場合は、急性気管支炎の可能性が高いです。

症状に応じた薬で治療します

急性気管支炎の治療には、症状に応じてさまざまな薬が使われます。
痰が多い時は去痰剤が、咳がひどい時は鎮咳剤やうがい薬が使用されます。
抗生物質を用いることもありますが、これは発症の原因が細菌の感染であった場合です。

咳や痰が2年以上長引けば「慢性」

慢性気管支炎とは、咳や痰の症状が2年以上も長引く気管支炎のことをいいます。
女性よりも男性に多く、冬に発症するケースが多くみられます。
進行は比較的ゆっくりですが、きちんと治療を受けずに放っておくと、肺性心という心臓の働きが悪くなる病気へと発展することがあるので、注意しなければいけません。

発病の大きな原因はタバコ

慢性気管支炎を発病する大きな原因はタバコです。
また、子供の頃から副鼻腔炎がある人も発症しやすいといわれています。ほかにも大気汚染や有毒ガスなどが挙げられますが、これらが原因のことはまれです。

代表的な症状は「痰」

慢性気管支炎の代表的な症状は痰です。朝、顔を洗っている時や朝食の後に出ることが多く、病状が進むと白い痰から黄色っぽいドロッとした痰に変化していきます。
他にも呼吸困難が起きたり、運動中に息が切れやすくなったりするほか、頚動脈が腫れる、指先が膨れるばち指などの症状が表れることもあります。

画像検査など検査方法はいろいろ

慢性気管支炎を診断するには、胸部エックス線検査やCT検査などの画像検査、聴診、喀痰検査、血液検査、心電図検査、スパイロメトリーといった色々な検査が必要です。
痰にインフルエンザ桿菌が混じっていたり、心電図で右心室への電気の流れが悪い右脚ブロックが確認できたりした場合は、慢性気管支炎の疑いがあります。

治療は原因の除去からはじまる

慢性気管支炎の治療は、原因を除去することからはじめます。空気の悪い職場にいる人であれば転職を検討したり、喫煙者であれば禁煙したりしなければいけません。

次に呼吸不全などの症状を改善するために、気管支の浄化や拡張を行います。
これらの処置には、抗コリン薬やβ刺激薬、メチルキサンチンといった薬が使用されます。
また感染状態がひどい場合には、抗生物質の投与が行われることもあります。

肺がんか気管支炎かを見分けるには?

急性気管支炎の症状も、慢性気管支炎の症状も、一見すると肺がんの症状のようです。
症状にはっきりとした違いがないため紛らわしいですが、病院の検査で詳しい検査を行えば診断はそれほど難しくありません。

例えば胸部レントゲン写真では、肺に写る影の形が気管支炎と肺がんでは違います。
よく似ているので素人にはわかり難いですが、熟練の医師であればきちんと見分けることができるので、心配はいりません。
ほかにも採取した痰を調べる喀痰検査も、どちらかを診断するのに有効な方法です。

【STOP!肺がん】コンテンツ分類
  • 【肺がんの基礎知識】肺癌の原因・症状・診断・ステージ・治療
  • 【肺癌になってしまったら】入院・食事・ステージ・リハビリ
  • 【肺がんと間違えられ易い病気】肺炎・肺結核・気管支炎・喘息
  • 【こんなにある肺癌の合併症】肺血栓塞栓症・気胸・膿胸・不整脈
  • 【肺がんコラム】検診・生存率・プロポリス
【STOP!肺がん】コンテンツメニュー
  • 【症状】その咳や胸の痛みは肺がんの初期症状かもしれません
  • 【肺がんのステージ】肺癌の進行度を表す病期分類について
注目記事(STOP!肺がん)ランキング