肺がん
肺結核,結核肺がんと間違えられ易い病気

肺結核

肺結核とはどんな病気か?

肺がん

肺結核の詳細結核は過去すでに終わった病気ではありません。
知らず知らずのうちに感染し、結核菌が肺の中で息を潜めている可能性があります。
誰がいつ発症してもおかしくない、肺結核とは一体どんな病気なのでしょうか。

結核の原因や治療法、肺がんとの見分け方など

結核の原因・治療法肺結核は、医療技術の発達した現代では、それほど治療が難しくない病気です。
しかし油断して管理を怠ると、命に関わることもあるので決して油断はできません。
近ごろ発症者が増えてきている結核の原因や治療法ほか、よく似た症状が表れる肺がんとの見分け方などを紹介していきましょう。

肺に結核菌が感染することが原因です

肺結核とは、肺が結核菌に感染することで引き起こされる病気です。
現代では「結核」と呼んでいますが、明治初期までは「労咳」と呼ばれており、一度かかると回復することができない不治の病と恐れられていました。

結核の原因である結核菌は、結核の人のセキやくしゃみの飛沫により感染します。
結核の人がセキやくしゃみをすると、結核菌が空気中に飛び散ります。それを周囲の人が吸い込むことで肺の奥まで侵入し、感染するという仕組みです。

免疫力が強ければ発病しません

結核菌に感染しても、全ての人が結核を発症するわけではありません。
発病の確率はわずか10%であり、残り90%の人は一生発病しないと言われています。
発病する人としない人の違いはどこにあるのでしょうか?

答えは、免疫力の違いです。免疫力の強い人であれば、たとえ感染しても発病にはいたりません。なぜならば、結核菌が肺のなかで増殖するのを抑えることができるからです。
しかし免疫力の弱い人は、増殖を抑制することができません。結果、菌に負けて結核を発症してしまいます。

なお最近では、免疫力が強いはずの20代の若者に発症者が増えています。これは喫煙やストレス、不規則な生活などにより、免疫力が落ちているせいではないかと言われています。

微熱・セキ・痰などの症状に注意!

免疫により結核菌の増殖を食い止めることができても、結核菌自体は無くなりません。
若い頃に発病しなくても、肺の中に何十年も潜伏しています。
そして感染者が年を取って免疫力が低下すると、再び増殖をはじめます。

結核を発症すると、はじめに微熱・セキ・痰など風邪のような症状が表れます。
2週間以上治まらないようであれば、早めに病院へ行って原因を確かめましょう。

なお高齢者の場合は、これらの症状のかわりに食欲の低下・体重減少・全身の倦怠感といった症状だけが表れるケースがよくあります。悪化すると命を落とすこともあるので、自己管理のほか家族の方も気を付けてあげましょう。

血液検査やX線検査などで診断します

肺の病気はどれも症状がよく似ており、結核も例外ではありません。そのため肺がんなのか結核なのか、症状を観察しただけでは識別は無理です。
正しく診断し病気に応じた治療を行うには、やはり検査で詳しく調べるのが一番です。

結核を診断する方法には、血液検査の一種であるQFT検査やツベルクリン検査、塗抹検査や胸部エックス線検査などがあります。
QFT検査とツベルクリン検査は、結核菌の感染の有無を調べるための検査であり、塗抹検査と胸部エックス線検査は、結核を発症しているかどうかを調べるための検査です。

これらの検査を行って、採取した痰から結核菌が検出されたり、レントゲン写真に黒い影が写ったりしたら、感染や発症の疑いがあります。

再発防止のためにも薬を飲み続けよう

結核は薬で治療を行います。結核菌を殺す薬は抗結核薬と呼ばれ、INH(イソニコチン酸ヒドラジッド)、RFP(リファンピシン)、PZA(ピラジナミド)、SM(硫酸ストレプマイシン)、EB(エタンブトール塩酸塩)などの種類があります。

通常は、これらの中から4種類を選んで併用します。理由は作用の異なる薬を飲むことで、結核菌に対して耐性(抵抗力)ができないようにするためです。
1種類だけを使用すると、結核菌は抵抗力をつけるので二度とその薬は使えません。

治療が始めての人であれば、これらの薬を半年ほど飲み続ければ完治することができます。
なお咳などの症状は1〜2ヶ月ほどで止まりますが、ここで服用を止めてはいけません。
この時点では、結核菌はまだ完全に死滅していないからです。
再発を防ぐためにも、医師の指示どおりにきちんと飲み続けるようにしましょう。

【STOP!肺がん】コンテンツ分類
  • 【肺がんの基礎知識】肺癌の原因・症状・診断・ステージ・治療
  • 【肺癌になってしまったら】入院・食事・ステージ・リハビリ
  • 【肺がんと間違えられ易い病気】肺炎・肺結核・気管支炎・喘息
  • 【こんなにある肺癌の合併症】肺血栓塞栓症・気胸・膿胸・不整脈
  • 【肺がんコラム】検診・生存率・プロポリス
【STOP!肺がん】コンテンツメニュー
  • 【症状】その咳や胸の痛みは肺がんの初期症状かもしれません
  • 【肺がんのステージ】肺癌の進行度を表す病期分類について
注目記事(STOP!肺がん)ランキング