肺がん
転移肺がんの基礎知識

転移

肺がんの転移について

肺がん

肺がんの転移肺がんは、治療によりがん細胞の増殖を止めなければ、他の臓器にも被害が及びます。
がん細胞が他の臓器に移動して、さまざまな症状を引き起こしてしまうのが転移です。
主にどんな臓器に転移するのかなど、肺がんの転移について解説しましょう。

骨転移・脳転移・肝転移の症状

転移の場所肺がんはさまざまな場所へ転移しますが、よくあるパターンが骨・脳・肝臓の3つです。
骨転移・脳転移・肝転移が起きると、それぞれどんな症状が表れるのでしょうか。

骨転移により骨折することもある

骨は肺がんが転移しやすい場所のひとつです。
がん細胞が骨に転移するメカニズムや、転移により表れる症状を紹介していきましょう。
まずは骨がどのように形成されるのかを説明します。

骨はいつも同じ状態にあるわけではありません。破骨細胞によって古くなった骨が破壊され、かわりに新しい骨が作られることで形成されています。

肺のがん細胞は、血液やリンパの流れにのって、さまざまな場所に移動します。
がん細胞が骨に届くと、自分たちが増殖するスペースを確保するために、破骨細胞に「骨を壊せ」と命令を出します。

骨が壊れて隙間ができると、そこにがん細胞が入り込んで、骨から出る物質でどんどん増殖してしまいます。がん細胞が増えると骨が弱くなるため、腰痛、喉の渇き、眠気といった症状が表れます。ひどくなると骨髄骨折麻痺を起こし、手術などの治療が必要になることもあります。

脳に転移すると人格が変わる!?

肺がんの転移でもっとも恐ろしいのが脳転移です。
肺癌のがん細胞は多くの場合、血液を通って硬膜に転移します。

脳に転移が起きると、痙攣や麻痺、感覚障害、精神症状、眩暈などが起こります。
舌がうまく回らなくなって会話が困難になったり、まっすぐ歩けなくなったり、人格が変わってしまう人もいます。

がん細胞が増殖すると、頭痛、吐き気、嘔吐などの症状が出てきます。
もし手足が痺れたり、背中が痛くなったり、首が硬くなったりといった症状がみられる場合は、がん細胞が髄液に侵入した可能性が高いです。

脳は抗がん剤が届きにくい場所なので、治療は外科手術や、ガンマナイフによる放射線治療を行わなければなりません。ただし最初に癌ができた場所の治療が済んでいる場合、転移した腫瘍が1つの場合など、これらの治療を行うにはさまざまな条件をクリアしている必要があります。

肝転移はすぐに症状が表れない

肝臓も肺がんの癌細胞が転移しやすい場所です。
他の臓器からがん細胞が移動して起こる肝癌のことを、転移性肝ガンといいます。

肝臓にがんが転移しても、すぐには症状が表れません。
しかし進行するにつれて、お腹にしこりができたり、黄疸や浮腫などの症状が表れてきます。全身がだるくて、動くことが億劫になる人もいます。

肺がんは血液を介して転移するという性質があるので、肝転移が起きたときは、ほぼ体の隅々までがん細胞がまわっている可能性が高いです。そのため治療は全身化学療法を行わなければなりません。

【STOP!肺がん】コンテンツ分類
  • 【肺がんの基礎知識】肺癌の原因・症状・診断・ステージ・治療
  • 【肺癌になってしまったら】入院・食事・ステージ・リハビリ
  • 【肺がんと間違えられ易い病気】肺炎・肺結核・気管支炎・喘息
  • 【こんなにある肺癌の合併症】肺血栓塞栓症・気胸・膿胸・不整脈
  • 【肺がんコラム】検診・生存率・プロポリス
【STOP!肺がん】コンテンツメニュー
  • 【症状】その咳や胸の痛みは肺がんの初期症状かもしれません
  • 【肺がんのステージ】肺癌の進行度を表す病期分類について
注目記事(STOP!肺がん)ランキング