肺がん
肺がん,ステージ肺がんの基礎知識

肺がんのステージ

肺がんのステージについて

肺がん

肺がんのステージ肺がんは、他の場所に転移すると治療が困難になりますので、見つかったらできるだけ早急に手を打たなければなりません。
治療方針は、肺がんの種類や進行具合などによって決まります。
ここでは、肺がんの進行度を表すステージ(病期分類)について解説しています。

病期分類とは? TNM分類って何?

病期分類とTNM分類肺がんの進行度は、ステージや病期分類という言葉で表されます。
ステージ(病期分類)には4段階あり、それぞれステージ機吻鬼)、ステージ供吻挟)、ステージ掘吻郡)、ステージ検吻鹸)と呼ばれています。

この4ステージの内容を決めているのは、がん細胞の大きさや癌の転移状況です。
そしてこれらの要素の分類には、TNM分類が用いられています。
TNMのTは原発腫瘍の大きさ、Nはリンパ節転移、Mは遠隔転移を表しています。
この3つの組み合わせにより、肺がんのステージが定められているのです。

原発腫瘍の大きさ

原発腫瘍の大きさはT1〜T4まであります。

T1

原発腫瘍が直径3cm以下で、肺組織または臓側胸膜に囲まれているが、葉気管支より中枢に浸潤していないもの

T2

1〜4のいずれかに該当するもの。

  1. 原発腫瘍が直径3cm以上
  2. 主気管支に浸潤が及ぶが、腫瘍の中枢側が気管分岐部より2cm以上離れている
  3. 臓側胸膜への浸潤がある
  4. 肺門部に及ぶ、無気肺または閉塞性肺炎があるが片側肺全体には及ばない

T3

1〜3のいずれかに該当するもの。

  1. 胸壁・横隔膜・縦隔胸膜・壁側心膜のいずれかに浸潤しているもの
  2. 原発腫瘍が気管分岐部から2cm未満に及ぶが、気管分岐部へは浸潤がないもの
  3. 無気肺あるいは閉塞性肺炎が片側肺全体に及ぶもの

T4

1〜3のいずれかに該当するもの。

  1. 原発腫瘍の大きさとは問わず、縦隔・心臓・大血管・気管・食道・椎体・気管分岐部に浸潤が及ぶもの
  2. 悪性胸水や心嚢水を伴う
  3. 原発巣と同じ肺葉内で、近接した転移があるもの

リンパ節転移

リンパ節転移はN0〜N3まであります。

NO

リンパ節への転移がない。

N1

原発巣と同側の、肺門部のリンパ節までにとどまっているもの。

N2

原発巣と同側の縦隔リンパ節に転移しているもの、もしくは気管分岐部直下のリンパ節に転移しているもの

N3

原発巣と反対側の縦隔や、反対側の肺門や、反対側の肺門のリンパ節に転移があるもの、もしくはどちら側でも鎖骨上窩リンパ節に転移があるもの。

遠隔転移

遠隔転移はM0とM1のみです。

MO

遠隔転移(脳、骨、肝臓、副腎などの臓器への転移)がない状態。

M1

遠隔転移(脳、骨、肝臓、副腎などの臓器への転移)がある状態。

TNMを組み合わせてステージを決めます

TNMを組み合わせることにより、肺がんのステージ(IA期、IB期、IIA期、IIB期、IIIA期、IIIB期、IV期)を以下のように分類します。

A期 T1 NO MO
B期 T2 NO MO
A期 T1 N1 MO
B期 T2 N1 MO
T3 NO MO
A期 T1 N2 MO
T2 N2 MO
T3 N1,N2 MO
B期 N3 MO
T4 MO
M1

遠隔転移

上記はあくまでも非小細胞肺がん(肺腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん)の分類です。
進行の早い小細胞肺がんは、ほかの癌とは違い限局型と進展型の2つに分類されています。

限局型(LD)

癌が片側の肺と近くのリンパ節(両側の縦隔のリンパ節、首の付け根の鎖骨上窩リンパ節も含む)にとどまっている場合。

進展型(ED)

限局型よりも癌の範囲が広く、肺以外の臓器にも転移(遠隔転移)している場合。

【STOP!肺がん】コンテンツ分類
  • 【肺がんの基礎知識】肺癌の原因・症状・診断・ステージ・治療
  • 【肺癌になってしまったら】入院・食事・ステージ・リハビリ
  • 【肺がんと間違えられ易い病気】肺炎・肺結核・気管支炎・喘息
  • 【こんなにある肺癌の合併症】肺血栓塞栓症・気胸・膿胸・不整脈
  • 【肺がんコラム】検診・生存率・プロポリス
【STOP!肺がん】コンテンツメニュー
  • 【症状】その咳や胸の痛みは肺がんの初期症状かもしれません
  • 【肺がんのステージ】肺癌の進行度を表す病期分類について
注目記事(STOP!肺がん)ランキング