STOP!肺がん
肺がんの基礎知識
肺がんの基礎知識
【肺がんの基礎知識】肺癌の原因・症状・診断・ステージ・治療肺がんの病気とは?・発症させる原因・どのような症状?・診断と検査法・ステージ分類・治療法・効果のある薬・転移について解説します。
肺がんの基礎知識 カテゴリ一覧へ >>
肺癌になってしまったら
肺癌になってしまったら
【肺癌になってしまったら】入院・食事・ステージ・リハビリ入院前に知るべきこと・食事について・息苦しさの緩和法・ステージ4になったら・特殊な治療法について解説します。
肺癌になってしまったら カテゴリ一覧へ >>
肺がんと間違えられ易い病気
肺がんと間違えられ易い病気
【肺がんと間違えられ易い病気】肺炎・肺結核・気管支炎・喘息肺炎の詳細・肺結核とは?・気管支炎の症状など・気管支拡張症の詳細・気管支喘息の病気について解説します。
肺がんと間違えられ易い病気 カテゴリ一覧へ >>
こんなにある肺癌の合併症
こんなにある肺癌の合併症
【こんなにある肺癌の合併症】肺血栓塞栓症・気胸・膿胸・不整脈肺血栓塞栓症とは?・気胸の症状など・膿胸の原因など・ホルネル症候群の詳細・不整脈とは?・梗塞の症状・高カルシウム血症について解説します。
こんなにある肺癌の合併症 カテゴリ一覧へ >>
肺がんコラム
肺がんコラム
【肺がんコラム】検診・生存率・プロポリス人間ドックで肺がんの検査・余命がどれほど残されているか(生存率)・肺がんの謎・プロポリスの効能と効果について解説します。
肺がんコラム カテゴリ一覧へ >>

肺がんを詳しく解説します肺がん

肺がん解説呼吸は、健康であれば何の苦労もなくできますが、肺がんを発症するとそうはいきません。 肺がんは、数ある癌のなかでも特に悪性度が高く、男性では亡くなる原因のトップを、女性では第2位を占めている病気です。
進行すると命を落とすこともある、恐ろしい肺がんについて詳しく解説します。

悪化や転移を防ぐための知識

悪化や転移を防ぐ肺がんは、ステージが進むにつれ生存率が低くなっていきます。
目立った症状の出ない肺がんをいち早く察知するには、事前に肺がんに関する知識を学んでおくほかありません。
なぜ発病してしまうのかなど、早期発見と治療に結び付けるためにも知っておきたい肺がんのさまざまな知識を紹介します。

原因はタバコだけじゃない!?

原因はタバコ?肺がんは親から遺伝する病気ではありません。発病には必ず後天的な理由があります。 肺がん発症のいちばんの原因となるのは、誰もが知っているタバコです。

タバコを吸うと気分がスッキリし、一時的なストレス解消になることは確かですが、体にとって良いことは一つもありません。
なぜならタバコにはニコチンなどの有害物質をはじめ、約40種類もの発ガン物質が含まれているからです。

タバコは健康を損ね、吸えば吸うほど肺がんなどの病気にかかりやすくなります。
では煙草を吸わなければ安全なのかというと、実はそうでもありません。
実は喫煙者の傍にいたり、ある建築材を用いたビルに住む人も危険と隣り合わせなのです。
肺がんを確実に回避するためには、タバコ以外の原因があることも知っておきましょう。

疑わしい症状を見逃さないように!

症状を見逃すな!肺がんは、のどの調子が悪くなり、咳や痰が多くなる病気です。
しかし、これらは一見ただの風邪のようであるため、見過ごされる事が少なくありません。

喫煙者であればすぐに思い当たるかもしれませんが、「万が一肺がんだったら…」という恐怖心から、自主的に検査を受けに行かない人が大半です。

検査を受けなければ、肺がんを発見し治療にむすびつけることはできません。
タバコの本数が多い人や、少しでも違和感を覚えたら、積極的に病院へ行く事が大切です。

進行度を表すのは「ステージ」だけじゃない

進行度肺がんの進行度を表す「ステージ」は、大きくステージ機▲好董璽賢供▲好董璽賢掘▲好董璽賢犬4つに分類されており、更にこの4つは、T-原発腫瘍の大きさ、N-リンポ節転移、M-遠隔転移の3つの要素の組み合わせによって決められています。

巷では肺がんの進行度=ステージのイメージが蔓延していますが、このステージという言葉は、あくまでも非小細胞肺がんの進行度を表すものであって、全種類の肺がんの進行度を表すものではありません。

肺がんにはもう一つ、進行の早い小細胞肺がんという種類があります。あまり知られていませんが、こちらの進行度を表す言葉は、ステージではなく「限局型」と「進展型」です。

いずれにしろ、どちらも治療方針を決定する為の大切な目安であることには変わりません。また、治療方針を決めるのは言うまでもなく医師ですが、決して医師まかせにせず、自分がどの種類の肺がんで、どの病期に当てはまるかを把握しておくことも大切です。

診断には2段がまえの検査が不可欠

診断と検査肺がんの発見には、基本検査と確定検査の2段がまえの検査が欠かせません。
はじめに基本検査によるスクリーニングを行って肺がんの疑いがみられたら、確定検査へと進み診断をより確実なものにするのです。

検査の目的は、肺がんの有無を調べるだけではありません。癌のある場所の特定や、進行度を確認する目的でも行われます。

他の呼吸器疾患ときちんと識別し、早い段階で適切な治療を受けられるかどうかは、詳しい検査による正しい診断にかかっていると言えます。

転移前にガン細胞を退治するのがベスト

がん細胞の退治肺がんの癌細胞は、肺の機能を侵すだけにとどまりません。
何の対処もせずにいると、どんどん成長して他の臓器をも障害するようになります。
肺がんが進行し、他の場所にも被害が及ぶことを転移と言います。

転移は主に骨・脳・肝臓の3つに起こります。
どれも生命の維持や活動に欠かせない重要な臓器であり、これらの機能が狂ってしまうと、命にかかわるような危険な合併症を引き起こすことにもなりかねません。

転移すると治療手段がないというわけではありませんが、やはり転移が起きる前に治療を行って癌細胞を退治してしまうのがベストです。

病院での治療以外にも手はあります

病院以外での治療肺がんは民間療法で治る場合もありますが、やはり病院での治療が中心になります。
病院では、手術治療・放射線治療・抗がん剤治療の3つを基本に行っています。
それぞれを単独で行うか、いくつかを組み合わせて行うかは、肺がんの種類や進行具合などによって決まり、その判断は医師に委ねられています。

どれも肺がんには効果的と認められている治療法ばかりですが、どんな人にも確実に効くというわけではありません。
なぜならば治療の効果は、肺がんの種類や進行具合だけでなく、患者さんの年齢や性別、体調などさまざまな要因に左右されるからです。
例え効果がみられなかったとしても、医師の判断ミスと決めつけることはできません。
病院を変えてみる、だめでもともと民間療法を試してみるなど、方法はいろいろあります。

  • 【症状】その咳や胸の痛みは肺がんの初期症状かもしれません
  • 【肺がんのステージ】肺癌の進行度を表す病期分類について
STOP!肺がん-注目記事ランキング